キャッシング比較

多重債務への道

金融社会において、違法な利息と多額の借金のため返済が不履行となる若者が後を絶ちません。信販会社や銀行が発行するクレジットカードには、キャッシング機能がついています。そこで、支払能力や計画的購入を思慮せずにクレジットを利用した結果、返済が不能となり、その返済のために新たなクレジットカードを作成し、結果として多重債務者に陥ってしまうのです。

多重債務とは、複数の金融会社や消費者金融などに債務を抱え、返済が困難になっている状態を指します。

多重債務者の数

全国情報連絡会のデータによると、多重債務者の数は全国で200万人以上とされ、しかも消費者金融利用者1400万人のうち借入件数が5件以上で借入総額が200万円を超える他人が250万人で、この借金による生活苦から自殺に走る他人が年間8000人という結果が出ています。