キャッシング比較

金融投資のすすめ

金融リテラシーを身につけるためには、実際に金融投資をしてみることが肝要です。たとえどんなに資料を調べたとしても、実際に投資しなければそれはあくまで空想の世界であって机上の空論なのです。

余裕資金がまったくないという人は殆どいないはずですが、資産運用はしたいのですが、まずその資金がありませんと言う人は、キャッシング会社で融資を受ければ簡単に資金を用意出来るはずです。資金の目処が立ったら、証券会社に口座を開きます。

投資信託

最近はネットの普及で、店頭に直接行かなくてもインターネットを通じて簡単に口座を作れます。楽天口座を持っていれば簡単に楽天証券の口座が解説出来ます。

デイ・トレーダーのように頻繁に売買する目的の人は除いて、通常は投資信託の中でも月々積み立てるタイプや、ノーロード型といわれる、投資信託購入に手数料がかからないタイプの投資信託の品揃えが豊富な証券会社がお勧めです。最近は銀行や郵便局でも投資信託を取り扱っていますが、証券会社と比較すると種類が限られますし手数料もやや割高になっています。