キャッシング比較

闇金融とは

借入件数が多い多重債務者やブラックリスト登録者が最後に頼るのがヤミ金融です。闇金融は巧妙に普通の消費者金融の仮面を被っており、普通の目には分からなくなっています。闇金融かそうでないかは、貸金業登録をしているか否かが一番分かりやすい指標となります。

ただ、最近では貸金業登録をしているにもかかわらず、闇金融をしている業者も少なくないので安心出来ません。貸金業登録は三年ごとの更新が義務付けられていますが、登録して三年以内の業者をトイチ業者と呼称し、全国で摘発されるヤミ金融の半分近くがこのトイチ業者なのです。

登録内容は法人名義を名乗ってはいるものの、実際には個人営業が大半で、代表者の自宅も架空の住所だったりするケースも後を絶ちません。

闇金融の種類

闇金融の中でも種類があって、システム金融や紹介屋といった金融業者も闇金融の一部です。債務者が保有する自転車や家具をいったん買い取った形式をとり、そのリース料として高利で貸し付けるリース金融や、クレジットカードの商品枠を使って金券やブランド商品を購入させ、それを買取屋に売って現金化させるクレジットカード現金化(金券金融)、なども間違いなく違法業者になります。

また、高齢者の年金証書や預金通帳を預かり、それを担保に貸し付ける「年金担保融資」、中小企業経営者を対象に手形や小切手を担保がわりに貸し付けるシステム金融などもあります。闇金融で一旦借りてしまうと、貸付金利は増える一方になります。